We use cookies to ensure that the website works as intended and to collect statistics on its use so that we can improve your web site experience.

×
logo
健康上のメリット

あなたの健康を、
より良いものに

クリルオイルは、水溶性のオメガ-3(EPA及びDHA)、
リン脂質やコリンなどの天然配合により、健康上多くのメリットをもたらします。

その違い

健康上のメリット

The health henefits of krill
関節

オメガ-3は、
体内の炎症を調節する上でも
重要な役割を果たします。
普段の生活でも、
あなたの関節を
日々サポートしているのです。

心臓

クリルオイルは、
心臓病の危険因子である空腹時トリグリセリド値の低下など、心臓の健康に関し有益な効果があることが示されています。

リン脂質は、
血液脳関門へのオメガ-3DHAの浸透を手助けします。

肝臓

コリンとオメガ-3は、
肝機能を健康的に、
そして、適切な脂肪代謝を維持するために
欠かせません。

体内網膜で見られる最高濃度のDHAを持つオメガ-3は、
あなたの目を健康に保つために特に重要な役目を果たします。

オメガ-3は、
肌の水分補給と弾力性を
調節する役割を
果たします。

健康に欠かせない栄養素

クリルオイルの構成成分について

01-Omega-3 fatty acids

オメガ-3脂肪酸
(EPA及びDHA)

最も研究されている
栄養素である
必須脂肪酸のひとつ。
心臓や目、肝臓、脳などに幅広い健康効果が
あります。

02-Phospholipids

リン脂質

オメガ-3の細胞膜への
吸収を促す
乳化作用があるため、
一般的な魚油に比べ、
より効率的に体内の器官へ吸収されます。

03-choline

コリン

神経シグナルや肝臓、
筋肉機能などの
多くの身体機能に
必須の栄養素。
ただ、私たちの
体自身では十分な量を
作り出せないため、
食物によって取り入れる
必要があります。

04-astaxanthin

アスタキサンチン

クリルオイルの
きれいな赤色は、
この天然の抗酸化物が
含まれているから。
アスタキサンチンは、
オイルを酸化から守り、
保存料の使用を最小限に
抑えます。

Backed by science

SUPERBAクリル™:
市場で最も研究されている
クリルオイルのブランド

アーケル・バイオマリンでは、長年にわたる数多くの研究を通して
SUPERBAクリルに含まれるオメガ-3とコリンの摂取量と健康状態の
相関関係を証明。

クリルオイル:
さまざまなメリットと
応用分野

クリルオイルは単なるオメガ-3の補給源としてだけではなく、
コリン、リン脂質などの他の天然成分によって更なるメリットをもたらします。これは、美容やスポーツなどへの効果、
オメガ-3の補給による従来の健康上のメリット以上のものが
期待されています。

クリルオイルに含まれるリン脂質の働きにより、脳、心臓、目、関節などオメガ-3やコリンをより必要としてる体内の
各部位に有効成分が効率的に届けられます。

オメガ-3指数の向上の重要性

2016年の脂質研究報告書「Progress in Lipid Research」では、
「世界人口の97%が体内のオメガ-3が最適レベルを下回っている」という研究結果が発表されました。
食習慣の西洋化により、世界中でオメガ-3が最低レベルを記録しました(20)。

クリルオイルで
オメガ-3指数を向上

2017年の別の研究では、アメリカとドイツのデータを比較し、オメガ-3の健康上のメリットについて十分な知識があるにもかかわらず、人口の98%が、心血管疾患に対する予防および心保護作用に最適なレベルを下回っていることを発見しました(21)。

omega-3-index-map

赤血球細胞膜内のEPAおよびDHA量の指針は、オメガ-3指数と呼ばれ、
心臓および他の組織内にあるオメガ-3脂肪酸の濃度と相関しています。
オメガ-3指数が8%以上であれば心血管系の健康維持に最適とみなされ、
反対に、8%未満は心臓の問題を発症するリスクを高めると考えられています(22)。

omega-3 index scale

良質な脂肪を多く含む魚(マス、サーモン、ニシン、鯖など)を定期的に
食べる、もしくはクリルオイルなどの高品質の健康食品を取ることが、
オメガ-3指数上昇を助ける最良の方法です。

 

コリン
様々な効果を発揮する必須栄養素

コリンは、私たちの神経系の重要な部分である神経伝達物質、
そして実際にリン脂質の生成のため体が必要とする条件的必須栄養素。

体内では十分な量のコリンが作られないため、食事からこの栄養素を摂取する必要があります。

しかし、2003年から2004年の国民健康栄養調査において、アメリカ人口の90%が、
コリンの摂取が不十分であるということがわかりました(16)。

体内で様々な効果を発揮するコリン

コリンは、細胞内の神経シグナル伝達、脂質代謝、水分バランスにプラス効果があるとされています。
さらに興味深いことに、コリン欠乏と肝臓内の脂肪の蓄積には強い関連性があることも示されています(16、17)。

SUPERBAクリルオイルに含まれるコリンは、私たちが口にする食品に含まれているものと同じく、
天然のホスファチジルコリン (PC)の構造を持ちます。

クリルオイル内のコリンは、他のコリン補助食品と同じ仕組みで体内に取り込まれます。
クリルオイルは、1日のコリン必要摂取量を補う最適な方法なのです。

 

SUPERBAクリルオイルは、

有効的なコリン摂取源

クリルオイルは体内のコリンレベルの促進を手助けし、
オメガ-3脂肪酸EPAおよびDHA同様、コリンは心血管系、
肝臓および認知機能の健康促進に貢献します。

リン脂質:魚油よりも速くオメガ-3指数を
上昇させるクリルオイル

研究によると、クリルオイルは、魚油より大幅に速くオメガ-3指数を上昇させるとされています。
クリルオイルのオメガ-3に結合したリン脂質は、体内でのEPAおよびDHAの細胞統合と活用をサポート。
特に、赤血球膜へのEPAとDHAの吸収を助けるため、心臓のEPAとDHAの濃度に影響が表れます(8-10)。

2013年のRamprasath氏らによる研究(11)によると、24人の健康状態の良い被験者に、同等量のEPAとDHAを
クリルオイルまたは魚油に含み摂取させる、4週間のクロスオーバー試験を実施。
クリルオイルでは、血液中のオメガ-3脂肪酸のレベルが顕著に増加し、結果、オメガ-3指数も上昇。
魚油と比べ、クリルオイル摂取後は2倍の数値が示されました(11)。

リン脂質は、血液脳関門を通過するオメガ-3(EPA&DHA)の輸送体主要成分です。

DHAは、生活のあらゆる場面において脳の機能、構造、および維持に特に重要であり、
脳内のすべてのポリ不飽和​​脂肪酸(長鎖PUFA)の約40%を占めています。

リン脂質とともに運ばれるオメガ-3(特にDHA)は、より高いレベルのオメガ-3が脳へ吸収されていると
前臨床研究により判明(12、13)。この分野の研究は現在も進行中であり、どのように脳機能へ影響し、
また健康的な脳が維持されるのか調査されています。

2014年には、当社で、心血管疾患リスクの重要な指標である高トリグリセリドのレベルについて、
300人の被験者を対象に研究を実施。 Nutrition Researchに掲載されたこの研究では、
クリルオイルの補給がトリグリセリドのレベルを10%減少させることがわかりました。

クリルオイルに含まれるEPAとDHAは、心臓系の問題に関するリスクを下げるのに
役割がある可能性も示唆しました(15)。

動画

リン脂質の特徴

クリルオイルのリン脂質はオメガ-3やコリンを脳、心臓、目、関節など、その働きを必要とする部位に送り込むことで効果が得られます。

"
 "当社では、クリルオイルが私たちの健康改善に役立つ新たな方法を見つけるため全力を尽くしています"
Andreas

Andreas Berg Storsve

アーケル・バイオマリン社 Director R&D

新たな領域 

オメガ-3の補助食品としてよく知られているクリルオイルは、心臓関連の健康部門でよく販売されています。
クリルオイルの効用について更なる調査を重ねた結果、心臓機能以外にも健康上の様々なメリットが明らかになり、
クリルオイルの新たな領域での可能性の幕開けとなりました。

スポーツ栄養と皮膚の健康

スポーツ栄養

神経シグナル伝達におけるその役割により、コリンは筋肉機能および
スポーツにおいて特に大きなメリットが期待されています。
激しい身体活動をする際、より高いレベルで身体を機能させるために、
細胞機能が限界まで挑み、筋肉と関節への負荷を増加させます。

体内に十分なコリンがある場合、筋肉機能に欠かせない量の神経伝達物質が
生成されます。研究では、マラソンランナーは最終的に血中コリンレベルが
40%まで低下。血中コリンレベルは、成績に影響を及ぼすとされています(18)。
コリンレベルがそもそも低い場合は、この効果はより悪化するでしょう。

2015年のDa Boitらによる研究では、クリルオイルは免疫機能のマーカーを
強化すると示されました。これは、激しい運動をする人々にとっては
メリットとなります(19)。

病気にかかるとトレーニングや身体性能に影響が及んでしまうため、
アスリートは、適切に機能する免疫システムを保つことが最高のパフォーマンスにつながると言えるでしょう。

当社は現在、スポーツにおけるクリルオイルの役割を調査し、
アスリートのパフォーマンスとリカバリーにクリルオイルが役に立つ仕組みの
特定に尽力しています。

 

肌の水分補給と弾力

当社では最近、クリルオイルが皮膚の健康にもたらす影響を調査する臨床試験を
実施。独自の未公開データでは、肌の潤いと弾力性に大幅な改善がみられ、
結果、肌がより滑らかで柔らかくなりました。

皮膚の健康の改善についての仕組みをより理解するため、
この分野での研究を続けています。

References

参考文献

  1. Casula, M., et al., Long-term effect of high dose omega-3 fatty acid supplementation for secondary prevention of cardiovascular outcomes: A meta-analysis of randomized, placebo controlled trials [corrected]. Atheroscler Suppl, 2013. 14(2): p. 243-51.
  2. Ramprasath, V.R., et al., Enhanced increase of omega-3 index in healthy individuals with response to 4-week n-3 fatty acid supplementation from krill oil versus fish oil. Lipids Health Dis, 2013. 12(1): p. 178.
  3. Wang, C., et al., n-3 Fatty acids from fish or fish-oil supplements, but not alpha-linolenic acid, benefit cardiovascular disease outcomes in primary- and secondary-prevention studies: a systematic review. Am J Clin Nutr, 2006. 84(1): p. 5-17.
  4. Wen, Y.T., J.H. Dai, and Q. Gao, Effects of Omega-3 fatty acid on major cardiovascular events and mortality in patients with coronary heart disease: a meta-analysis of randomized controlled trials. Nutr Metab Cardiovasc Dis, 2014. 24(5): p. 470-5.
  5. Banni, S. and V. Di Marzo, Effect of dietary fat on endocannabinoids and related mediators: consequences on energy homeostasis, inflammation and mood. Mol Nutr Food Res, 2010. 54(1): p. 82-92.
  6. Calder, P.C., Marine omega-3 fatty acids and inflammatory processes: Effects, mechanisms and clinical relevance. Biochim Biophys Acta, 2015. 1851(4): p. 469-484.
  7. Cottin, S.C., T.A. Sanders, and W.L. Hall, The differential effects of EPA and DHA on cardiovascular risk factors. The Proceedings of the Nutrition Society, 2011. 70(2): p. 215-31.
  8. Harris, W.S. and C. Von Schacky, The Omega-3 Index: a new risk factor for death from coronary heart disease? Prev Med, 2004. 39(1): p. 212-20.
  9. Metcalf, R.G., et al., Relation between blood and atrial fatty acids in patients undergoing cardiac bypass surgery. The American journal of clinical nutrition, 2010. 91(3): p. 528-34.
  10. Metcalf, R.G., et al., Effects of fish-oil supplementation on myocardial fatty acids in humans. The American journal of clinical nutrition, 2007. 85(5): p. 1222-8.
  11. Ramprasath, V.R., et al., Enhanced increase of omega-3 index in healthy individuals with response to 4-week n-3 fatty acid supplementation from krill oil versus fish oil. Lipids Health Dis, 2013. 12(1): p. 178.
  12. Graf, B.A., et al., Age dependent incorporation of 14C-DHA into rat brain and body tissues after dosing various 14C-DHA-esters. Prostaglandins Leukot Essent Fatty Acids, 2010. 83(2): p. 89-96.
  13. Liu, L., et al., Higher efficacy of dietary DHA provided as a phospholipid than as a triglyceride for brain DHA accretion in neonatal piglets. J Lipid Res, 2014. 55(3): p. 531-9.
  14. Dasgupta, S.; Bhattacharyya, D.K. Dietary effect of eicosapentaenoic acid (epa) containing soyphospholipid. J Oleo Sci 2007, 56, 563-568.
  15. Berge K, Musa-Veloso K, Harwood M, Hoem N, Burri L. Krill oil supplementation lowers serum triglycerides without increasing low-density lipoprotein cholesterol in adults with borderline high or high triglyceride levels. Nutrition research. 2014 Feb 1;34(2):126-33.
  16. Jensen, H.H.; Batres-Marquez, S.P.; Carriquiry, A.; Schalinske, K.L. Choline in the diets of the us population: Nhanes, 2003-2004. FASEB J 2007, 21, LB46.
  17. Fischer, L.M.; daCosta, K.A.; Kwock, L.; Stewart, P.W.; Lu, T.S.; Stabler, S.P.; Allen, R.H.; Zeisel, S.H. Sex and menopausal status influence human dietary requirements for the nutrient choline. Am J Clin Nutr 2007, 85, 1275-1285.
  18. von Allworden, H.N.; Horn, S.; Kahl, J.; Feldheim, W. The influence of lecithin on plasma choline concentrations in triathletes and adolescent runners during exercise. European journal of applied physiology and occupational physiology 1993, 67, 87-91.
  19. Da Boit M, Mastalurova I, Brazaite G, McGovern N, Thompson K, Gray SR. The effect of krill oil supplementation on exercise performance and markers of immune function. PloS one. 2015 Sep 25;10(9):e0139174.
  20. Stark KD, Van Elswyk ME, Higgins MR, Weatherford CA, Salem N. Global survey of the omega-3 fatty acids, docosahexaenoic acid and eicosapentaenoic acid in the blood stream of healthy adults. Progress in lipid research. 2016 Jul 31;63:132-52.
  21. Thuppal SV, Von Schacky C, Harris WS, Sherif KD, Denby N, Steinbaum SR, Haycock B, Bailey RL. Discrepancy between Knowledge and Perceptions of Dietary Omega-3 Fatty Acid Intake Compared with the Omega-3 Index. Nutrients. 2017 Aug 24;9(9):930.
  22. Harris WS, Von Schacky C. The Omega-3 Index: a new risk factor for death from coronary heart disease?. Preventive medicine. 2004 Jul 1;39(1):212-20.